イエウール 一括査定 pw

イエウール 一括査定 pw

 

 

 

 

 

 

 

 

イエウールはマンション・家・土地などの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイト

 

 

簡単60 秒で不動産の無料一括査定が可能

 

 

全国1400 社以上の厳選された不動産会社の中から

 

 

最大6 社と比較できる査定サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却査定について

 

 

 

 

家を売却する際は居住中かそうでないかに関わらず、清掃は欠かせないでしょう。

 

 

 

満足に掃除もできていない状態や、他人から見て不用品が多いなと感じられる状態では買い手もつきにくく、家の評価も下がってしまいます。廃品回収やリサイクル業者などを利用し、目につく不要品は処分していくと良いでしょう。
範囲が広かったり物量的につらいときは、費用はかかりますが家の片付けを行う会社に頼むという手もあります。
ソーラー発電システムを備えた家の売却では、太陽光パネルをどうするかが問題になります。簡単にいうと、パネルもエアコンなどの設備同様、はずして持っていくことも可能です。しかし専門業者を手配する必要がありますし、移転再設置にはお金もかかるわけで、置いていく人のほうが多いようです。
設置で助成金を受けている場合は、手放す際も面倒な手続きを踏まなければいけませんが、新しい住まいに設置可能な場所がないケースもあるわけですから、残念ながら家と共に残していくほかありません。
まだローンを完済していない状態の住宅を売る場合、当たり前ですがその住宅ローンを完済した時点から売却という手続きをとります。仮に残債務を完済できずに家を処分しなければならないときは、任意売買(任意売却とも)なら可能です。当該物件の売却で得た金銭は残債返済に最も優先的に充てると確約することで、融資元から売却の許諾をもらいます。
住宅の売却益を返済に充当しても完済しきれない場合は、債務が残り、逆に残債を上回る価格で売れたら現金が残ります。

 

 

これはマナーのひとつだと思いますが、住宅を売却する際に大事なことは、突然これから内覧したいという人が現れても慌てないために、場と気持ちの準備を怠らないことだと思います。

 

 

 

内覧希望者というのは、興味があってやってくるわけです。

 

でも、内覧で悪いところばかりが目に入ったら、買う気持ちが萎えてしまうでしょう。そういうわけで、玄関を含むお家の清掃は頻繁かつ丁寧に行う習慣をつけましょう。一般的な不動産売却見積りの場合、原則として無料で受けられます。

 

 

 

事情が変化したり納得できる金額でない場合は当然ながらキャンセルも可能です。土地家屋を売却する際、いちばん大事で気がかりなのは売却額でしょうし、いくつもの不動産業者に対して見積り依頼を一括で行うと時間をかけずに相場を知ることができますが、その際も査定費用はかからないので安心です。

 

主たる債務者以外、たとえば奥さんにも収入がある場合などは、不動産を共有名義で購入することが少なくありません。ただ、共同名義であるがゆえの不便さも忘れてはいけません。
複数の方が所有している不動産を売却する際は、所有者全員の同意が必要なのです。離婚ともなると、共同所有者である二人が今後の対応をよく話し合っておかなければ、住宅の処分もできず、逆にややこしい事態を招くこともあり得るわけです。

 

譲渡所得は名前にこそ「譲渡」とありますが、資産の売却で得た所得のことをいいますから、家を売って得た収入も譲渡所得のひとつです。

 

 

所得税及び住民税の課税対象ではあるものの、給料や配当などの所得とは分けて単独で税額を算出します。

 

譲渡所得の税率は何段階かに分かれており、売却した物件を保有していた期間が5年を超えていると長期譲渡所得として税率が下がります。居宅の処分を考えているのでしたら、所有期間と税率について理解した上で売却すれば税金がかなり節約できます。
住宅ローンなどの債務で抵当権がついている土地家屋等は売買出来るものなのかというと、そのままでも取引(売買や所有者移転登記)は可能です。但し、本来債務を返済しなければならない方がきちんと借金を完済してくれなければ、抵当権が設定されている部分はそっくり競売に出され、第三者の所有する物となり、住人は退去しなければいけません。単純に言うと、抵当に入った家というのはトラブルの元になりますので、実質上「売れない物件」となってしまうでしょう。居宅を売却する流れというと、仲介業者選定、物件の査定見積り、売出価格を決め、媒介契約の種類を選んで契約、販売開始、内覧が入り、買手と金額や条件について話し合い、最後に売買契約書を交わし、物件の引渡しと代金の支払いを経て、すべての取引が終わります。

 

どれくらいの期間で済むかというと、購入希望者がいつごろ現れるかにもよるのでまちまちです。媒介契約の最長は3ヶ月ですので、そこで一度価格を見直し、6ヶ月以内に売り切る方が多いです。なるべく納得のいく取引ができるよう、建物や土地などの不動産を売る際には気をつけておかないことが幾つかあります。
そのひとつが、似たような物件の流通価格を調査しておき、相場を把握した上で、不動産業者(複数であることが大事)に査定を依頼することです。

 

 

どんな品物でもそうですが、相場の理解がなければ、提案された見積り額の妥当性を検証するモノサシを持たないで大きな取引をすることになります。高値をつけて媒介契約を結び、あとから値下げを持ちかける営業もいるそうですから、相場知識は不可欠です。

 

不動産というのは普段の買物とはケタが違いますから、価格設定は重要で、素人が判断するのは難しいです。

 

 

 

市場の相場より高ければ売りにくいでしょうし、安すぎても訳ありのように思われてしまうため、妥当な価格を見極めることが大事です。
購入を前提に値引き交渉が入ることも多いですし、不動産会社に払う仲介手数料等を踏まえて値付けを行わないと、最後に自分のもとに残る額は当初考えていたよりも少ないものになってしまいます。家の買い手は自分で見つけてくれば格安で済むという意見もありますが、危険を承知でなければお薦めしません。

 

法律や登記などのほかに取引そのものや税金などの特別な知識を独学で身に付けるのは困難ですし、シロウトが真似したところで、もし訴訟などの問題が生じたら対処しきれるでしょうか。まとまった額の手数料を払うのは大変かもしれませんが、売却が円滑かつ安全にできるようきちんとした業者に依頼するのが一番です。

 

 

もちろん、知識があるから大丈夫というのであれば、専門家の手を借りずに自分で家を売るのも構わないでしょう。家や土地などの不動産を売却する際は、売買契約を交わしますから、用意する書類もかなり多くなります。登記識別情報(古い物件の場合は「権利書」)、春に送られてくる固定資産税納税通知書などは不動産を売却する際にはかならず必要になります。
それに、物件の内容や所有者の状況によって、用意する書類の種類は追加されていきます。取得に時間がかかる書類もありますし、不動産会社から書類について説明があったら、早々と揃えておいたほうが、取引終了までの時間は少なくて済みます。

 

納得いく価格で家を売りたいと思うなら、一社に絞らず複数の仲介業者に家の価値を見積もってもらいましょう。一度入力するだけで複数の不動産業者に見積り依頼できる不動産関連の一括見積りサービスがネットには多数あるのをご存知でしょうか。

 

原則としてサービスの利用は無料ですし、そのサービスを使って一括査定を頼んだとしても、納得いくまではどこの不動産会社とも契約する必要はないのです。不動産会社の対応もわかりますし、利用価値は高いです。

 

将来の隣人との境界争いを未然に防ぐために測量を行い、土地境界確定図を作成するのは、土地つき一戸建てを売る際にはよくあります。任意ですのでもちろん実施しなくても構わないのですが、平米単価が高ければ、わずかな差もけして安いものではありませんから、しておくべきことはしておこうと考える人は多いようです。土地面積にもよりますが、測量や土地境界確定図作成などにかかる費用の相場は30万円ほどです。売る側にとっては少なからぬ出費ですが、買う側からすれば要らぬトラブルを避けられるのですから安心です。よほど専門的な知識がない限り、一戸建てやマンションを売る時は仲介業者に市価を見積りさせ、それを参考に売り出す価格を決定して仲介契約をします。

 

価格設定には慎重を期したほうが良いですが、一週間以内に契約する人が多いです。

 

 

気になるのは買い手が決まるまでの期間でしょうが、価格もありますが、物件の状況や市況でも変わってきます。ただし宅地建物取引業法の定めるところにより、不動産業者と結んだ媒介契約は契約書の文言にもあるように「3ヶ月」で一度切れるので、そのあいだに購入希望者を見つけられるかが売却のカギとなります。

 

マンションや一戸建てなどの建物の場合、新築だと完工から2、3年目あたりを始まりに最初の10年までは価格が段階的に下落していきます。築10年からは2年経とうと3年経とうと価格はほぼ横這い状態となります。

 

 

 

税制面でいうと、居宅売却や買い換えの際の税率優遇措置が受けられる要件は、「所有期間10年超の居住用財産」ですから、マイホームを売却する場合、築10年を経過したあたりが最適なタイミングということになります。

 

 

値上がりは地価が上昇しない限りは見込めません。

 

 

土地や家屋を売却する際も、すぐ購入希望者が現れれば別ですが、長期にわたって販売する例もあります。

 

 

 

もしそんなに時間をかけられないのであれば、もし3ヶ月経っても売却に至らない場合は、値段を改定するか、仲介する不動産会社を変えるといった対応も必要かもしれません。法律で仲介業者と売主の媒介契約は3ヶ月以内とするよう設定されているので、期間満了後に売値を変えて再契約しても良いですし、別会社にしても構いません。
注文住宅を建てたり新築を購入する際は、天然素材や無垢板の住宅の評価を知ることが大切です。シックハウス(室内空気汚染)とも無縁で、本物ならではの風格のある家は、熟年層のみならず若い人からも支持を集めています。

 

 

 

仮に住宅を売却する際、そのような天然素材が毀損されずに美しいままでいれば、売値は安くしてはいけません。
上質な材料で作られ丁寧に扱われた家というのは相応の価値があるのです。

 

土地や建物などの不動産を売る際は、さまざまな経費がかかってくることを理解しておきましょう。

 

 

 

たとえば不動産会社の媒介による売買の場合、仲介には手数料がかかります。手数料は法律で決まっていますが、売却額が1800万円でしたら65万円を売主から業者に支払わなくてはいけません。
また、登記関連業務を司法書士に依頼する料金や領収書等に貼る印紙税、そのほかにも費用がかかる場合もあります。ですから何がいくらかかるか確認した上で、家の売値を設定しないと、手元に残るお金が減ってしまいます。誰でもネットに接続する環境があれば、土地家屋の売却相場を手軽に確認することは可能ですし、利用しない手はありません。
国土交通省の『土地総合情報システム』という地価公示閲覧サイトでは、不動産取引の実績値をベースに地目、土地種別、住所、前面道路幅員といった詳細な情報を検索できます。それから、最新の物件情報などは不動産物件を集めた情報サイトを見れば一目瞭然ですし、同等物件等を参照すれば相場の目安をつけやすいです。種類を問わず不動産を売却する時は、第一に類似物件の不動産価額を知ることが大事です。

 

仮に購入時の価格が高かったとしても、不動産相場というものは常に変わると思って良いでしょう。かつては土地は上がるのが常識でしたけれども、条件次第では負動産と揶揄される時代でもありますし、価格が高ければ買手はすぐそっぽを向いてしまうでしょう。最新相場を調べて、売出価格を決めましょう。
浮世離れした設定にしないことが大事です。手っ取り早く一括査定サイトを使って相場を知る人も多いです。早く登録すれば相場の推移もわかります。

 

原則として、該当物件の所有者の許可がないと、不動産売買は成立しません。
もし複数名義での所有になっているのであれば、共同で所有している全ての人の同意が必要です。

 

とはいえ、物件の所有者の一人でも亡くなられている場合には、委任状も得られず、代理で契約することも不可能ですから、現状売却不可ということになります。
先に登記簿の所有者名義を故人の相続人に変更し、あらためてその方の許諾をとって売却手続に進みます。
家をこれから売ろうとするなら、売主側が基本的なコツを抑えておくと買い手がつきやすく、高く売れる可能性も高まります。

 

 

一番大事なのは修繕箇所を放置しないことです。

 

 

 

築年数に関わらず使用感や生活感が出ますから、丁寧にチェックし、修繕箇所を見つけて直しておきましょう。

 

二番目にしておきたいのは掃除です。

 

 

年に何回かしか掃除しないような場所もしっかり掃除し、邪魔なものは処分しておくと家がスッキリします。

 

このような手間の蓄積が住宅を上手に売却するポイントです。

 

うまく買い手が決まり家の売却が済むと、登記簿を変更することになりますが、家の所在地と売主の現在の住所地が違う場合、そのままでは登記移転申請ができませんので、前住所の項目が記載された住民票のうつしと印鑑証明書が必要ですが、氏の変更や転居の回数によっては別途書類が必要です。ただ、いくらあらかじめ用意しておくといっても、どちらも使える期限というものがありますから、注意が必要です。

 

 

書類に記載されている発行日から3ヶ月が有効期限です。

 

 

 

これから家を売ると決めたら、物件の売出価格を判断するために不動産会社に評価額を出してもらうのですが、建物の築年数は評価額をかなり左右します。査定要素としては他に利便性や方角なども含まれますが、建物価格は新築からすぐ2割ほど下がり、10年を超えれば一気に落ちていくという現実があります。
建物の材質や耐久性にもよりますが、一戸建てなら、住宅が古ければ古いほど建物価格は下がるので、ほとんど土地の値段だけというありさまにもなるのです。完工した新築住宅、中古住宅、オートロックマンションの内部などを好きなように見学できるオープンハウスの人気は高いです。

 

 

立地や周辺環境もわかりますから、家を売る際、早く買手を見つけたかったら、オープンハウスによって購入希望者に実物をよく見てもらうというのもアリだと思います。

 

現在居住中の住宅の場合は、外泊ないし外出して家をあける必要がありますが、生活感が出ているのを売手が気にする一方で、購入希望者としては自分たちが住んだ時のイメージが湧きやすいという利点があります。

 

何の運命のいたずらか、住宅を売りに出したら思いのほか順調に話が進んでしまって、退去日まで時間がほとんどないなんてケースもあります。
気持よく引き渡すためにも、買い手がつく以前から積極的に荷物の整理をしておくと良いでしょう。

 

物件に住んだままで売りに出すなら、家電や寝具、食器類などは必要最低限を残し、必要ないものや季節用品、ストックなどと分別して、時間を作って段ボール詰めしておけば、荷物も減らせるので転居先でもすっきり生活できます。
ネットで最近よく見かけるマンションや住宅といった不動産の査定を一括で依頼できるサービスを使えば、住宅売却の基礎となる査定を手軽に何社からでも受け取ることができます。こういった不動産売却関連のサイトは加入している仲介業者から会員費の提供を受けることで運営が成立しているので、売り主側の費用負担はいっさいありません。
営業時間等を気にすることもなく、わずかな手間で各社の見積りを検討できるところが多忙な現代人にとってはありがたいです。

 

 

築30年近い建物を売りたいと思っても、年月が邪魔をして買い手探しには苦労するようです。採算を考えつつリフォームや修繕を行うなど、売れる要件づくりに努めたほうが売却はスムースです。また立地にもよるのですが、住宅を取り壊して土地のみで売り出すと土地だけを探している人には売りやすいです。売れないうちに取り壊し費用を払うのに抵抗があるなら、中古戸建てとして、解体費の分だけ安い価格にして売れば、更地化して新築か、既存の建物をリフォームするか、買主が自由に選べる点が売りになります。
一生のうちに何度も経験するわけではないので、家を売るにもどうしたら良いかわからないという人も少なくないでしょう。ここで不動産売買の簡単に流れだけ追ってみましょう。

 

 

 

ネット環境があればまず、不動産関連の一括見積りサイトを利用して、現時点での見積りを複数の業者に出してもらいましょう。

 

その中で査定の額もさることながら信頼できる仲介会社を見つけて販売委託する契約を交わします。やがて購入希望者が現れ、価格交渉などの後、めでたく売却成立となります。

 

 

これまで暮らしてきた家を売るにはそれなりの事情があるでしょうが、思い立ってから決断に至るまでには険しい道があったでしょう。

 

 

 

ただ、その判断を良い結果に結びつけるかどうかは、決断してからの自分の心次第です。

 

購入者に家を引き渡す前には物を整理し、残すものと始末するものとを分けていきます。

 

 

 

ふしぎなもので、身の回りが片付いていくと気分がすっきりしてくるものです。

 

 

家を売却することで得られるメリットはいわゆる断捨離も同時にできてしまうことでしょう。あとで不満を残さないために、大切な家を売るのですから不動産屋は慎重に選びましょう。

 

 

地域密着で営業力の強い会社もあれば、大手なのにマンションは不得意な会社もあり、業者が提案した価格を鵜呑みにして売却し、損をしてしまうケースもあります。
ウェブ上には一度の入力で何社でも一括で見積りを依頼できるサイトが増えていますし、多くの会社に見積りを出してもらい、ここなら安心して頼めそうという会社を選びましょう。

 

 

 

既に抵当権を抹消済みの住宅を売るのなら気にしなくても良いのですが、抵当権の由来である債務が残っている状態となると話は別です。
原則として抵当権つきの不動産の場合、売却できないものと考えて間違いありません。

 

残る手段として有効なのが任意売却制度です。

 

専門の仲介業者が金融機関と債務者の間に入り、不動産が売却できる状態にします。ローンを滞納したら、競売にかけられる前にとれる施策として非常に頼もしいものです。マンションまたは一戸建ての売却時は、物件引渡し前のホームクリーニングはそれが契約書に記載されていない限りは絶対にしなければいけないわけではありません。

 

一般的には素人による清掃でも構わないのですが、買い手側から要望されることもあります。そういった場合は不動産業者の担当者とよく相談し、専門業者を手配するなりの対応を検討します。営業マンの交渉力で解決することも多いです。

 

建ってから年数がかなり経過した家の場合、古さがネックになるので壊して土地だけにした方が良いのではと一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

 

 

とはいえ、一概にそうとも言い切れません。男女を問わずDIYやオーダーリノベは人気で、元の住宅を土台にして自ら設計、施工を行いつつブログにアップしている人もいますし、中古の物件を新築なみにフルリノベして販売するという不動産会社は近年とくに増えていて、価格の手頃な中古物件の需要は高まっています。書類揃える労力や売却にかかる時間に加え、不動産業者に仲介手数料として売主が支払うべき金額は、住宅を売る際にネックになる可能性もあります。法律で仲介手数料の上限は規定されていますが、取引された額によっては手数料が100万円を超える場合もあります。
それに、売却で利益が出れば、所得税や住民税がかかってくることもあります。転居はもちろん、場合によっては不要品の処分費などもかかりますから、支出の計算はしっかりしておきましょう。住宅を売る際に権利書がもし見つからないときは、物件は売れないのでしょうか。実際のところ、権利書がないと長年住んだ自宅でも売ることは不可能で、おまけに再発行も受け付けていないので注意が必要です。

 

 

しかし対応策が全くないというわけではありません。

 

司法書士に頼んで「本人確認情報」というものを作成してもらうのです。

 

共有名義の場合は全員分揃わなければ売ることができません。
司法書士報酬として数万以上かかるのが普通で、時間も手間もかかるため、権利書(登記済証)の取扱いには注意しましょう。

 

一般に家を売却する際にかかる費用は、不動産業者への仲介手数料、物件の抵当権を抹消するのにかかる費用、金額に応じた印紙税がかかります。日常とは比べ物にならないくらい高額なのが不動産取引ですから、業者へ払う仲介手数料もまとまった金額になります。不動産会社を介さず自分で家を売却することで、大幅なコストダウンができると思うかもしれませんが、手間はもちろん法的なトラブルには対処できませんし、専門業者に任せる方が安心です。
最近ではサラリーマンでもおなじみの確定申告は、前年の1月から12月までの所得から税額を自己申告するためにあります。
勤め先の給与から源泉徴収されている人や予定納税をしている人の場合は、実際の納税額との差を調整(還付または納税)するためのものです。

 

 

 

資産を譲渡して得た収入は所得とみなされますから、家を売って得た所得なども申告する義務があるのですが、購入後5年以内に売却した場合の税率は約40%にもなり、それ以降に売っても所得税15%に加え住民税も5%かかってくるため、負担が大きいことはたしかです。

 

 

 

納得のいく値段で家を売るために、ウェブ上にある一括査定サービスなどをしっかり活用しましょう。「一括査定」で検索すると同様のサイトが複数出てきますが、いずれも最初の入力だけで複数の不動産業者から見積りをとることが可能です。

 

見積り依頼という面倒な作業を一本化し、迅速かつストレスフリーに売却を進められます。上手にそういった一括見積りサイトを利用して、よく比較した上で、営業力の高い仲介業者を探すようにしましょう。

 

できるだけ高い価格で住宅を売却したいのであれば、最初から価格交渉はあるものと思って間違いありません。購入者にしてみれば少しでも安いほうが嬉しいのですから、金額に関わる駆け引きなしで不動産売買が成立することはほとんどないでしょう。値引きなど論外とばかりに対応して買い手が逃げてしまっては、話になりません。

 

 

 

このあたりで手を打とうという判断が出来るよう、売手として物件の市場価格を把握しておくのは重要なことです。

 

仲介業者を通さなくても、売手と買手さえいれば住宅は売却できますから、個人売買も可能ですが、それを実践する人はまずいません。

 

 

税金や法律、登記などさまざまな知識もなく取り引きするわけですから、あとでトラブルに発展した際に対処しきれないかもしれません。

 

 

土地建物などの売買ではあらかじめ物件を調査した上、複雑な契約内容となるのが普通ですから、わずかな不備があっただけでも想定外のトラブルに見舞われるケースがあります。

 

きちんとした知識のあるプロに依頼するほど確実なものはありません。

 

 

家を売ったら所得税を払わなければいけないのでしょうか。それは利益がどのくらいあったかで変わります。買った金額より高値で家を売却できた場合は所得税が課税され、その逆で安くしか売れなかった場合は所得税、住民税のどちらも支払わなくて済みます。ただ、もし高く売れたとしても3000万円以下の譲渡所得でしたら、面倒でも確定申告をきちんとしておくと、課税対象にならないため、所得税を納めなくて済みます。売却時の領収書一式も必要ですから大事にとっておきましょう。家屋、事務所、土地などの固定資産にかかる税を固定資産税および都市計画税と言います。不動産を所有している間は毎年かかってくる税金です。

 

 

 

この場合、所有者というのは1月1日時点の所有者を指します。

 

 

例えばその日よりも前に売買契約をしたとしても1月1日時点で登記簿の名義が新しい所有者になっていなければ、元の所有者(売り主)が納税しなくてはなりません。購入した人が固定資産税の新たな納税義務者になるのは登記簿の所有者欄を新しい所有者に変更した次年からになります。
時期によってはちょっと不公平かもしれませんね。

 

 

 

住宅を売却する理由として最近もっとも耳にするのが、都心への回帰、ならびに一戸建てからのマンション購入です。生鮮品や日用品の入手も都会のほうが簡単で、公共交通も発達していて、医療サービスも充実している点が魅力なようです。

 

子供が小さいうちは郊外も良いのですが、病院、市役所、ショッピングと用事があるたびに移動は自動車ですから、運転できないときはどうするのだろうと心配する人が少なくないのです。

 

不動産取引は複雑なので、個人で売るのではなく、一切を不動産屋の仲介に任せるのが常識です。少しでも高く売りたいのであれば、この時点で焦ってひとつの不動産屋に絞ったりせずに、幾つもの会社に見積依頼を出して、査定を出してもらうこと以外にありません。一括査定といって複数の不動産会社に見積り依頼可能なサイトがありますし、家の市場価値だけでなく、各社独自の販促状況も見てとれるので、自分に合う業者選択が容易になります。
住宅を売却する際は、売買契約をして住宅を引き渡すまでに、必要書類や登記手続き等で数ヶ月かかると見たほうが良いでしょう。

 

3ヶ月ないし更に短期間での現金化が必要であれば、いわゆる買取制度といって、不動産会社に直接売却するという手段もあります。市場価格より割安の取引になるため、本当に買取扱いで良いのか、判断は慎重にならざるを得ないでしょう。

 

 

ただ、家をスピーディーに売却できるという意味では有効な方法かもしれません。
住宅などの不動産を売却する際の手順は、引渡しと代金受け取りまでには8つの段階があります。手始めに類似物件の価格を調べ、自分の中で売値を仮設定します。

 

 

 

次に、評判の良い不動産業者をいくつかセレクトします。

 

住宅の査定はプロに任せ、売り手は査定額の妥当性を評価しましょう。

 

OKであれば媒介契約を締結します。契約後はプロモーションが行われます。購入希望者が来れば内覧や価格交渉などが行われます。

 

折り合いがついたところで売買契約となり、住宅の引渡しと代金の支払いが済めば、不動産取引はおしまいです。消費者にとって痛い出費となる消費税は、住宅の購入時も対象となるものの、土地については非課税ですし、戸建なら建物だけに消費税を払えば良いのです。

 

大事なことですが、基本的に売主が個人なら土地だけでなく建物も非課税扱いになります。しかし個人の所有であろうと自らが居住する以外の目的で所有していた不動産の場合は、課税対象とみなされるため、あらかじめ計算にいれておかなければなりません。